電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

相手方の有責性(悪意の遺棄)が認められ離婚を阻止した事例

  • cases109
  • 2017年01月23日更新
女性
  • 40代
  • 女性
  • 会社員
  • 離婚
  • 訴訟
  • 離婚
  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 離婚回避
  • 請求された
  • ■婚姻期間 10年~15年

ご相談に至った経緯

夫婦共同で自営をしていたが、夫が突如家を出て別居を開始し、その後離婚を求められた。

ご相談内容

突如家を出ていかれ、夫婦でこれまで一生懸命営んできた自営業(飲食店)の閉店も余儀なくされて生活基盤を失った。このような状況で突如離婚を求められ、納得できないし今後の生活もどうすれば良いか分からない。

ベリーベストの対応とその結果

先行する調停は本人で対応していたが不調になり、夫から訴訟が提起された。夫は離婚に加え、妻の従前の言動により精神的苦痛を被ったとして慰謝料100万円を請求した。
このような事案に対し、夫婦関係の破綻を否定するとともに、仮に破綻しているとしても破綻の原因は専ら夫にあるのであり、そのような有責配偶者からの離婚請求は認められないとして争った。
夫は、自営業の収支関係を教えてもらえず、また日常的に威圧的な態度で罵られていたなど主張したが、本人尋問等を経てこれらの主張の信用性を争い、信用できないとして排斥された。
他方、妻は、原告が突如別居を開始したことを正当化する事情はなく、これによりこれまで順調だった自営業を閉店せざるを得なくなったうえ、夫は婚姻費用も支払っていないのであり、一方的に生活基盤を奪われたのであって、このような事情は「悪意の遺棄」に該当すると主張した。
裁判所は、妻の主張を全面的に認め、夫による「悪意の遺棄」を認定し、離婚請求と慰謝料請求の全部を棄却した。
なお、妻は、従前暴力や暴言を受けていたのは自分であることも併せて主張しており、このことも理由中の判断において認定された。
なお、本件は夫から控訴が提起されたが、控訴審では慰謝料に加え自宅不動産の分与を受けるなど有利な条件で和解が成立した。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

横浜オフィスの主なご相談エリア

横浜市西区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

ページ
トップへ