電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

労働災害を
横浜の弁護士に相談

労働災害について

こんなケースは労働災害に該当する可能性があります。

こんなケースは労働災害に該当する可能性があります。

  • 調理の仕事をしていて、包丁で指を切った。
  • 会社に行く途中で車にはねられて、骨折した。
  • 過労で病気になり、長期入院することになった。
  • 会社が業務中のケガ・病気と認めてくれない。
  • 労働災害によるケガは、会社に責任を問える可能性があります
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-49-5225

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

交通事故による労働災害

交通事故専門チームと連携

交通事故専門チームと連携

ベリーベストは、交通事故の月間相談件数500件以上の実績があり、弁護士だけではなく医療コーディネーターが後遺障害等級認定支援を行い、交通事故被害に悩む多くのお客様をサポートしています。被害者の方が不利益を被らない最良な解決方法をご提案いたします。

  • 損害賠償 無料計算ツール
  • 慰謝料無料計算サービス

豊富な解決実績!

累計解決件数
2,232
累計解決金額
38億6405万9987円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

労働災害(労災)について、弁護士と相談したいけれど、今は働いているし、通院の時間もあるし…平日の昼間の時間帯には中々相談する時間が取れない…会社の仕事や通院が終わった後に、弁護士と相談したい!
そんな場合は、ご希望のご相談日・お時間をお問い合わせください。ご希望の時間でご相談いただけるよう、個別対応いたします。在職中や通院中で労働災害(労災)にお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

神奈川県・横浜で労働災害に遭われた方へ

神奈川県内や横浜市内及びその近郊で労働災害に遭ってお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスまでお問い合わせください。

労働災害(労災)は、業務上のケガや病気のことを指します。勤務時間中だけでなく、出勤途中や帰宅途中のケガや病気も労災として扱われます。たとえば、レストランに勤務している方であれば「包丁で指を切った」「厨房の床で足を滑らせて転び、足をねん挫した」というケースも労災になります。また、建設現場で働いている方であれば「足場から落ちて腰の骨を折った」「夏場の暑い中で作業をしていて、熱中症で倒れた」などのケースが労災にあたります。事務職や営業職の方でも、労災とは無縁ではありません。「通勤途中、転んで手を骨折した」「営業先から会社に戻る途中、車を運転していて事故に遭った」などの場合も、労災として認定されるケースです。

労災申請は、管轄の労働基準監督署(労基署)に出向き、必要な書類を記入・提出して行います。郵送でも良いとされていますが、労基署の担当官にしっかり状況を説明し、理解を求めるためにも、実際に足を運んだほうがよいでしょう。

労災の認定は、下りやすいものと下りにくいものがあります。
「ケガをして病院に行った」というケースでは、労基署の担当官に書類を提出し、ケガをした状況やケガの程度について説明をすれば、スムーズに労災認定が下りる可能性が高いです。しかし、「過労でうつ病になった」「心臓の疾患にかかった」などの場合は業務と病気との因果関係を立証しなければならず、労災認定が下りるまで年単位の月日がかかるケースも少なくありません。

平成23年に厚生労働省により「心理的負荷による精神障害認定基準」が新たに設けられ、うつ病などの精神疾患について以前より労災認定が下りやすくなりました。しかし、精神疾患に関しては、スムーズに労災認定がなされるところまでまだまだ到達していないのが現状です。

ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスでは、弁護士にご相談いただければ、労災申請に必要な手続きについて全面的にサポートいたします。まずは当事務所の弁護士がお客様のお話をお伺いした上で、さまざまなアドバイスをさせていただきます。お客様のケガや病気が労災であることを証明するための証拠集めや、労基署に提出する書類の作成について、必要なサポートはすべて当事務所の弁護士が行いますのでご安心ください。

労災認定が下りれば労災保険による給付が受けられますが、給付は一定の基準に基づき算出した金額が出るにすぎないので、十分に補償が受けられないケースが多く見受けられます。慰謝料については労働保険給付の範囲外ですし、逸失利益についても全額補償されるわけではありません。そのため、補償が足りない部分については会社に損害賠償という形で請求することになります。個人が会社に損害賠償請求を行うことは難しいですが、当事務所の弁護士がお客様の代わりとなって必要な補償をしてもらえるよう、会社側と交渉いたします。

ベリーベスト法律事務所は、同グループ内に社会保険労務士法人も抱えているため、ベリーベストグループの中で法律相談から労災申請手続きまで、ワンストップでお引き受けすることができます。お客様がわざわざ他の社会保険労務士事務所に労災申請手続きを依頼する必要はありません。その点でも、当事務所にご依頼いただければ、安心して労災に関する手続き全般をお任せいただけると我々は考えております。

労働災害に関する法律相談は、初回60分間無料です。
「労災申請をしたいけど、何から始めていいかわからない」「会社が勤務中のケガを労災と認めてくれない」などのお悩みをお持ちの方は、まずはお気軽に当事務所の法律相談をご利用ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

横浜オフィスの主なご相談エリア

横浜市西区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

ページ
トップへ