電話でのご相談予約はこちら

0120-170-316

24時間・365日

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

過払い金・債務整理なら
横浜の弁護士に相談

過払い金・債務整理のご相談ならベリーベスト法律事務所 横浜オフィス

借金の返済でお困りのことはございますか?

「借金を返すための借金を繰り返して、どうにも首が回らなくなった」「ヤミ金から取り立ての電話が鳴りやまない」「借金を抱えていることを家族に知られたくない」そんなお悩みをお持ちの方は、ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスまでご相談ください。

かつてはクレジットカードの使い過ぎや借入のし過ぎなどによって多重債務に陥る、いわゆる「クレサラ問題」が深刻な社会問題となりました。これを受けて、平成18年に貸金業法が改正されて、借入金額は年収の3分の1までとする「総量規制」が誕生し、上限金利も従来の29.2%から借入金額に応じて15~20%に引き下げられます。改正貸金業法が施行された平成22年以降、消費者金融への規制が強化されたため、クレサラ問題は徐々に減少していきました。

しかし、近年はまた別の借金問題が起こりつつあります。貸金業法では規制対象外となっている銀行カードローンによって多重債務に陥り、自己破産をせざるをえなくなるケースが徐々に増えてきているのです。さまざまな形で消費者にカードローンの利用を促したい各銀行と、「銀行からの借り入れだったら安心」と考える消費者のニーズがマッチしていることが問題を大きくしているものと考えられます。

しかし、借金問題は法律の決まりにのっとって整理することで、きちんと解決させることができます。借金問題でお困りの方は、早めに弁護士に相談されることをおすすめします。

過払い金請求で利息を取り戻す。

繰過払い金請求とは何ですか?

かつて、法定金利には出資法上の29.2%と利息制限法上の最大20%の2つの基準があり、貸金業者はこぞって高いほうの金利29.9%を利用していました。この金利の差は「グレーゾーン金利」と呼ばれていましたが、平成18年1月、「グレーゾーン金利に基づく金利の支払いは無効」との最高裁判決が下ります。そのため、これまで債務者が払い続けてきた高い利息は元本の返済に充てられることになりました。

しかし、利息で元の借金を完済できたことを知らないまま借金を返済し続けている人も多く、利息を払い過ぎてしまうケースも数多く見られるようになりました。これが「過払い金」と呼ばれるものです。過払い金はもともと債務者のものなので、きちんと計算して請求手続きをすれば返ってきます。ただ、過払い金には時効があり、貸金業者と最後に取引をした日から10年を経過すると過払い金を請求できる権利が消滅してしまいます。そのため、過払い金がある可能性のある方は、すみやかに過払い金返還請求の手続きをすることが必要です。過去に借金をしていて、「最後に貸金業者とやり取りをしてからだいぶ年月が経っている」「苦しいながらも、高い利息をがんばって払っていた」などの心当たりのある方は、ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスまでご相談ください。当事務所の弁護士が責任をもって過払い金の有無についてお調べいたします。

債務整理・過払い金についてよくあるご質問

横浜オフィスの弁護士による債務整理の流れ

弁護士による債務整理で問題解決

「債務整理をするなんて、家族や親戚に知れたら大変なことになる」「債務整理をしたら、もう一生信用がなくなるではないか」債務整理というと、そのような印象を持たれがちです。しかし、債務整理は決して恥ずかしいことではありません。ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスでは、借金にお困りのみなさまが生活を立て直せるよう、弁護士が全面的にサポートいたします。

まず、お客様が借入をされた業者名や時期、借金額、現在の借入残高などについてお話をお伺いします。借金を整理する方法には、「任意整理」「個人再生」「特定調停」「自己破産」の4つがありますが、お客様の現状を踏まえて、弁護士がどの方法で借金を整理するのがベストなのかを見極め、ご提案いたします。債務整理方法が決まれば、弁護士費用のお見積書を作成してお渡しいたしますので内容をご確認ください。内容にご納得いただければ、弁護士と正式に委任契約を結ぶこととなります。

委任契約締結後、直ちに弁護士がお客様からご依頼を受けたことを知らせる受任通知を各貸金に郵送します。貸金業者に受任通知が届けば、もうお客様に直接取り立ては来なくなりますのでご安心ください。その後は、必要に応じてお客様の代理人として貸金業者と交渉をしたり、裁判所での手続きを行ったりします。お客様が借金を完済し、気持ちよく生活をリスタートさせられるよう弁護士が最後まで寄り添いますので、一緒にがんばっていきましょう。

借金問題、ご相談から解決までの流れ

神奈川・横浜で債務整理をお考えの方へ

「今月の生活費がちょっと足りないから」「どうしても今すぐにほしいものがあるから」と軽い気持ちで消費者金融からお金を借りたら、みるみるうちに利息がふくれあがり、返せなくなってしまった…というケースは少なくありません。そうなってしまった場合は、ただちにベリーベスト法律事務所 横浜オフィスまでご相談ください。

一時期、クレジットカードの使い過ぎやサラ金業者からの借入による多重債務者が相次いだ「クレサラ問題」は影を潜めたかのように見えました。しかし、現代では、銀行系のカードローンの使い過ぎによる債務超過が問題となっています。

銀行系のカードローンは、金利が15%未満と低めに設定されていることが多いこと、WEBで審査の申し込みができること、手持ちのキャッシュカードがそのままローンカードになること、ATMでいつでも返済できることなど、消費者にとってメリットが数多くあります。審査についても、厳しいように見えて実は定職に就いていれば比較的通りやすくなっていると言われています。銀行系のカードローンは消費者にとって手が出しやすくなっていることが、カードローンによる債務超過を生み出している原因のひとつになっているのではないかと考えられます。しかし、借金をすれば当然利息をつけて返済しなければなりません。借入期間が長ければ長いほど利息も増えます。そうして借金を返せなくなる人が増えるのです。

債務整理にはいくつか方法がありますが、ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスでは、弁護士がお客様の借入額や現在の資産状況、収入などをお伺いした上で、ベストな債務整理方法をご提案します。結果として自己破産するしか道がなかったとしても、多大な心配はいりません。「自己破産をしたら無一文になってしまう」「社会的信用を失い、もう二度と立ち直れないのでは」と心配される方も多いのですが、自己破産をしても99万円までの現金と家財道具は手元に残すことができます。返済しなければならない借金を残すよりも、借金をゼロにしてしまうほうが良いこともあります。経験豊富な弁護士が、お客様が生活を立て直せるようになるまでサポートいたしますのでご安心ください。

ベリーベスト法律事務所 横浜オフィスは横浜駅から徒歩10分。横浜市内はもとより、神奈川県内各地から債務整理に関する法律相談を承っております。お出かけついでに、お気軽にご来所ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-170-316

営業時間 24時間・365日

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

横浜オフィスの主なご相談エリア

横浜市西区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

ページ
トップへ