電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

退職後に離職票が発行されない!残業代も貰っていない…弁護士の対応により、残業代300万円を得て、失業給付も受給できた

  • cases624
  • 2020年10月09日更新
男性
  • 40代
  • 男性
  • 運送業・ドライバー
  • 残業代請求
  • 運転手
  • ドライバー
  • 離職票
  • 失業給付
  • ■職業(雇用形態) 正社員
  • ■解決結果 交渉で300万円の残業代を得た。離職票も発行してもらい、特定受給資格者として失業給付も受給できた

ご相談に至った経緯

Aさんは、会社退職後に離職票が発行されなかったことや残業代が支払われていなかったことなど、会社の対応や給与の支払状況に疑問を持ち、弊所にご相談に来られました。

ご相談内容

Aさんのご相談内容は以下のとおりでした。

・残業代が発生しているか。
・発生しているとしたら、一体いくらの残業代が請求できるのか。
・失業保険給付との関係で離職票の発行請求できないか。

ベリーベストの対応とその結果

■残業代について
Aさんは、ご相談に来た際、タイムカードなどの残業代請求に必要な書類について何もお持ちではありませんでした。

そこで、弁護士から、会社に対し、Aさんから残業代等請求のご依頼を受けた旨の受任通知書を送付し、その際にタイムカード、就業規則、賃金規程や賃金台帳等の残業代の計算に必要な一切の資料の開示を求めました。

その後、会社にも弁護士が付き、弁護士を通じて、会社から上記資料が開示されました。
しかし、開示されたタイムカードはAさんの正確な労働時間を反映したものではありませんでしたので、弁護士は、Aさんから話を聞き、実際にAさんが働いていた時間を基に適正な残業代額を計算し、会社に対して、請求しました。

最終的には、Aさんが実際に働いていた時間を客観的に示す証拠がなかったため、Aさんの実際に働いていた時間には満たなかったものの、会社側が提出したタイムカード以上の時間をAさんが働いていたことを会社側が認めて、その分の残業代の支払を無事に受けることができました。

■離職票について
離職票については、本来であればAさんの退職後すぐに発行されてしかるべきものですので、会社に対してすぐに対応するように会社側の弁護士を通じて離職票の発行を求めました。

離職票は無事発行されたものの、離職の理由によって、失業給付の支払開始時期(待期期間)や失業給付の支払われる期間が異なりますので、Aさんが会社都合で退職した人(特定受給資格者)に当たるかどうかを検討しました。
そして、Aさんに対し、Aさんがどのような理由により特定受給資格者に該当するかを説明し、その旨をハローワークで話すようアドバイスしました。

その結果、Aさんは無事特定受給資格者として失業給付を受けることができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

横浜オフィスの主なご相談エリア

横浜市西区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ